クレジットカード

巷で噂のクレジットカードについて解説しています。クレジットカードに興味のある方に、簡単な内容から配信するウェブサイトです。

サイトメニュー

クレジットカードで貯めたマイルの使い方

クレジットカード

マイルがためられるからという理由で、キャッシングを選んでいる人は少なくありません。
還元率で言えばポイントよりもマイルの方がお得で、使い方によってさらにワンランク上の利用方法ができます。
マイルを多めに使うことで、航空券を買うときにビジネスクラスを指定するというサービスもあります。
エコノミーとビジネスが利用できるマイルの差は2万〜3万程度なので、それ程大きな差ではありません。
エコノミークラスの交換を少し我慢するだけで、日常では利用できないサービスを受けられます。
満席になりやすい季節に、思い切ってビジネスにするのもいい方法です。
クレジットカードを取り扱っている航空会社は、世界中の航空会社と関係しています。
例えばJALはワンワールド、ANAはスターアライアンスと提携しています。
マレーシア航空、スリランカ航空、アメリカン航空は、ワンワールドと提携していますので、たまったマイルをこれらの航空チケットにできます。
スターアライアンスでは、ユナイテッド航空やニュージーランド航空、南アフリカ航空などの航空券が対象になります。
旅行に行く時間がなかったり、旅行先での出費が心配な人は、電子マネーや共通ポイントに買えることで、普段の買い物が安くなります。
色々な付帯サービスがクレジットカードにはありますので、マイルを貯めるなど、自分に合うサービスを選択することがポイントです。

マイルを貯めることができるクレジットカードの年会費について

クレジットカード

クレジットカードを使って買い物をするとマイルを貯めることができるタイプのカードは、数あるカード特典の中でも特に注目されています。
航空会社でチケットを購入すると移動距離に応じたマイルが入りますが、同様に、クレジットカードの利用額に応じたマイルが入ります。
決済をする時にクレジットカードを使うと、カードで支払った金額に応じて、一定の割合でマイルをふやすことができます。
このように、マイルを貯めることができるクレジットカードを利用するには、年会費がかかるものも存在します。
クレジットカードの中には、年会費がかかるものと、かからないものがあります。
年会費がかかるものは、毎年の支払い月に年会費を引き落とされます。
クレジットカードの年会費がかからないというものもありますが、中には、ある程度のマイルがたまっていると、年会費が発生しないということがあります。
例えば、直近1年でクレジットカードを用いたある金額以上の買い物をしていることが、年会費無料の条件になることがあります。
年会費を支払わずに済む条件として、1年以内の買い物で、クレジットカードを一定の金額以上分使うことに設定している会社もあるようです。
クレジットカードを使うことでどこまでお得なサービスが受けられるかは、年会費のかからないカードより、年会費のかかるカードのほうが有利です。
無理にクレジットカードを使用することはありませんが、普段の生活の中で利用するのであれば、無理なく年会費のコストを減らすことができます。
前提として、クレジットカードをよく使っているという人の場合は、年会費の発生するカードでも、プラスのほうが多いことがあるでしょう。
マイルを航空チケットと交換しつつ、余った分は他の有料サービスを活用するなどすれば、クレジットカードを使いこなせるでしょう。

マイルを貯めるのならクレジットカードがお得

クレジットカードのサービスで、マイルを貯めることができます。
たまったマイルは、飛行機のチケットを買うのに使ったり、マイルを消費して航空会社のサービスを利用するなどのことができます。
マイルを貯めることを目的としてクレジットカードを所有して、上手に活用している人は少なくありません。
基本的に、航空会社からチケットを買うと、一定の割合でマイルが入るというサービスなのですが、最近ではクレジットカードを使うことでもマイルが入ります。
マイルとしてためて、クレジットカードのポイントに交換するというサービスもあります。
クレジットカードで買い物をしてもらえるポイントと交換できるわけですから、1回払いなどの金利手数料などがかからない限りは無料でポイントを集められます。
大きい買い物をする時には、現金を使わずにクレジットカードを使うほうが、マイルが大幅に貯められます。
効率的にマイルをためたい場合は、普通のクレジットカードではなく、航空会社が提携しているクレジットカードにしたほうがお得です。
飛行機をよく利用する人はもちろんのこと、マイルを貯めることを目的としているのであれば、航空会社のクレジットカードを利用しない手はありません。
最近は、顧客獲得のために、新規加入者を対象としたキャンペーンを行っているクレジットカード会社も多いので、タイミング次第でマイルを大幅につけることができるでしょう。
クレジットカードの使い道は多様化しており、大手不動産会社が経営している賃貸マンションの中には、クレジットカード払いが可能なところもあります。
クレジットカードのサービス内容にはそれぞれ特徴があるので、自分の生活スタイルに合ったクレジットカードを持つことで、より効率よくマイルを貯めることができます。

キャッシングの審査に通過できない理由について

キャッシングの審査は返済能力があると認められれば通過できます。
返済能力に不安がある人に対しては、審査ではノーという答えが出されます。
どんなに150万円を借りたいと申し出たとしても、返済能力が100万円以下だと判断されれば、150万円の融資は無理な話です。
たたし、キャッシングの審査は、金融機関によって異なっていて、実際の基準がどう設定されているかは未公開情報です。
キャッシング申込み時の審査に通らない理由として多いのは、過去の遅延、債務整理などがあります。
特に、今までクレジットカードや、キャッシングなどの金融商品を利用して、返済時に問題を起こしていると、審査では不利です。
特に債務整理の場合だと、原則として5年間は借りることができないので、どこのキャッシング会社に申込みをしても審査に通過することはできません。
時たま、債務整理後4年で次の融資が認められたという人もいますが、大抵は5年は待たなければ審査はクリアできません。
もしも、新たにキャッシングの審査を受けることになったら、事前にできる準備をしておきましょう。
できるだけ、借入金額を低くできるように、お金のやりくりや、現状の把握に努めるようにしましょう。
必要額が減るほど希望額を少なくできるため、審査に通過しやすくなり、当然ながら希望額が大きいほど、審査の難易度は高くなるのです。
キャッシングの審査では、審査基準に満たなかった場合、結果は通知されますが、理由は告げられません。

最終的なお金の負担が変わるクレジットカードの返済方法

決済時にクレジットカードを用いた場合、どの返済方法にするかで、支払う金額が変わる場合があります。
クレジットカードの支払い方法は、具体的には、一括払いと分割払い、リボ払いが代表的なものになります。
返済方法が変わると、最終的に支払う金額の合計に差が出てくるので、どの方法にするかはしっかり考えるようにしましょう。
深く考えずに返済方法を選択しているという方もいるようですが、クレジットカードで決済をする時には、返済方法の選び方は重要なところです。
どの返済方法にするかで金利が変わりますので、完済までに必要な金額も違ってきてしまいます。
クレジットカードで買い物をした時に、一括払いにしておけば、手数料をつけて支払うことにはなりません。
もしも分割払いや、リボルビング払いを指定した場合は、利息をつけて支払わなければなりません。
クレジットカードの利息は、完済までに日数を要する場合や、カードの利用金額が大きいほうが、大きくなります。
返済総額を計算してみると、分割払いやリボルビング払いは、一括払いに比べて利息分だけ余計に返済しているのです。
1カ月あたりのクレジットカードの支払金額を安くしておきたい場合は、分割払いや、リボルビング払いが、有利な方法といえます。
リボルビング払いにすれば、1カ月当たりの返済金額がそれほど多くならないという利点がありますが、完済までに要する日数が長くなり、利息額もふえます。
クレジットカードで決済を行う場合、返済のタタイルのことも決めておくといいでしょう。

クレジットカードの便利な返済方法とは

クレジットカードの返済方法は、大別してリボルビング払い、分割払い、一括払いの3種類です。
もしも一括払いで払うなら、金額はクレジットカードで支払う金額がそのままであり、利息の上乗せは一切ありません。
決済額だけを支払えば済みますので、可能なら一括払いにするほうが、返済総額を低く抑えることができます。
決済金額を数回に分けて支払うものが分割払いであり、月々の支払い上限額を決めて支払い続ける方法がリボ払いです。
分割払いとリボルビング払いは、どちらも支払い毎ごとに手数料がかかるのがネックです。
何回かに分けて支払いをすれば、その月の支払いが生活費に差し障るような心配がなく、安心して返し続けることができます。
分割払いと、リボルビング払いは一見して似ているように見えますが、異なる点も存在します。
3回から30回の返済回数が指定されており、その回数で支払うための月々の返済金額を決定するのが、分割払いです。
何回の返済で完済するか、完済までにどのくらいの期間をかけるかなどから、自分に合う返済回数を選択します。
一方、リボルビング払いでは、毎月の支払金額を事前に決めておいて、回数は関係なく、月々決まった金額を返していきます。
分割払いではクレジットの利用回数が増えれば、支払い金額も増加しますが、リボルビング払いはずっと変わらず一定です。
クレジットカードの返済方法は、人によって最も都合のいい方法が違いますので、よく考えて選ぶようにすることが大事です。

クレジットカードを利用した時の返済方法について

クレジットカードを利用した後に返済する時には、いくつか方法がありますが、それぞれ注意しておくべき点があります。
月々の返済金額は決まっていますが、リボルビング払いに設定した時は、返済を早めるという方法もあります。
毎月の決まった返済金額のほかに、プラスアルファで返済ができる月があれば、支払っておくといいでしょう。
まとめ返済は、どうすればできるのかは、金融会社ごとに違いがありますので、個別に調べる必要があります。
基本的には、どこのクレジット会社を利用しても、銀行口座から自動的に引き落としされるようになっています。
毎月の支払い日がクレジットカードごとに決まっており、精算日に引き落とされます。
クレジットカードを利用している人の中には、リボ払いにしている人が多いようです。
リボ払いは、引き落とし額を少額に設定することができるので、毎月の生活に負担をかけたくない場合には大変便利です。
よくある随時の返済方法は、もともと決まっている口座から、引き落とし手続きをしてもらうというものです。
カード会社によっては、口座からの引き落としだけでなく、返済したい金額を直接ATMから振り込めばいいというところもありますが、そのあたりはカード会社によって様々のようです。
返済金をATMから振り込む場合は、手数料が加算されますので、金額を確認する必要があります。
インターネットバンキングでの返済に対応しているクレジットカード会社もあります。
随時返済のためにお金を動かすと、手数料がかかることが多いようです。
手数料をかけずに返済のペースを上げるには、随時返済はせずに、クレジットカードの月々の返済額を増やすように設定をしなおすという返済のやり方も有効です。