クレジットカード

クレジットカードについての紹介ウェブサイトです。クレジットカードのことを知らなくても、このサイトを読んで詳しくなることが出来ます。

サイトメニュー

クレジットカードの現金化は低金利か

クレジットカード

低金利でキャッシングを使いたいという人は多いようです。
クレジットカードをキャッシング目的で使うことは、果たして低金利でしょうか。
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。
キャッシングの上限金額はそれほど高くないために、利用したいけれど限度額が不足しているという場合があります。
クレジットカードを使いながら、キャッシングをするという手法があります。
大抵のクレジットカード会社は正規の使い方だとは見なしていませんが、クレジットカードの現金化というものです。
クレジットカードの現金化では、カードを使って物を買っていきます。
この時、任意の品物を購入するのではなくて、現金化の会社側の指示に従って物を買います。
自分の口座にはのちのちクレジットカードでショッピングした分の代金が振り込まれます。
クレジットカードで買った分から、手数料分が引かれて、残りが振り込まれます。
買った品物は、現金化を行った会社へといきます。
あとは、クレジットカードで決済した分のお金を返済していけばいいという仕組みです。
すぐにお金が借りられることや、引かれる金額が少ないことから、クレジットカードの現金化は使いやすいサービスだと考える人もいるようです。
お得な低金利サービスだというイメージを持つかもしれませんが、クレジットカードの現金化は低金利とはほど遠いので気をつけましょう。

カードローン以外にもある低金利キャッシング

クレジットカード

カードローンは、低金利のキャッシングの定番であると考えている人は少なくないと言われています。
ローンというのはカードローンだけではありません。
低金利で融資を受けたい人は、カードローンをまず考えるようです。
カードローンにはいくつかの系統がありますが、代表的なものは銀行系と消費者金融系です。
カードローンを低金利で利用したいという人は、銀行系のカードローンを重点的に当たってみるといいでしょう。
この頃は、銀行系以外のキャッシング会社も、低金利でカードローンを扱うようになりました。
消費者金融系の中でも、銀行系と遜色ない低金利で融資を行っているというところもあるようです。
もっと低金利を目指すのであればカードローン以外のローンを検討してみてはいかがでしょうか。
低金利のローンといえば、教育や住宅購入のためのローンです。
住宅ローンなどは銀行などで低金利の融資を受けることが可能ですが、手続きも煩雑なことが多く、審査の結果が出るまでしばらく待たなければいけません。
市町村の窓口に行くことで、法人であればこれまでノーマークだった低金利のローンを利用できるようになることもあるといいます。
人によっては、職種や、社会の中でのポジションに応じて、低金利でローンが使えるということもあります。
チェックしてみましょう。

低金利キャッシングの審査とは

キャッシングを使う時には、できるだけ低金利の貸付にしたいと考えている人はたくさんいることでしょう。
ところが低金利のキャッシングを利用しようと思ってもなかなか審査に通らないという人がいます。
キャッシングに関する法律が見直されたことで、審査のハードルも高くなっています。
低金利のキャッシングは色々な申し込みの仕方がありますので、気軽にできるというものもあります。
キャッシングの借り入れを希望する人は多いですが、審査をクリアするのは実質半分程度です。
会社が破綻したことがある人や、年収があまり高くないからと、低金利のキャッシングは無理だろうと思っている方もいます。
金融会社の行うキャッシングの審査は、年収や過去の履歴以外の部分も見ています。
会社側は総合的に判断して審査をしているのです。
基本的に審査は機械で行うので大まかな情報はすぐに出てきます。
まだ完済していない別のローンがある人や、返済を遅らせたことがあると、審査では評価が下がります。
税金の滞納などがなく、月々の収入が安定している人であれば、キャッシングの経験がなくても低金利で融資を受けることができます。
過去に何をしたかというより、今、どれだけ借りたお金を返せる人物かが問われています。
機械処理で難しい部分は、担当者が判断をしているようです。
キャッシング経験がないという人でも、低金利の融資を受けたいのであれば、カードローンを利用するといいでしょう。

クレジットカードの発行が早いカード会社の特徴

各金融会社によって、クレジットカードの申し込み手続きをした時に、発行までに要する日数が異なります。
発行が早いクレジットカード会社もあれば、しばらく待つ必要があるクレジットカード会社もあります。
海外旅行や出張を控えている場合など、なるべく発行が早いカードを選択したいと考える方が多いでしょう。
即日でのクレジットカードの発行を望むなら、クレジットカードのカウンターを設けている所が狙い目です。
デパートの入り口近くや、エスカレーターの横など、人の通りの多いところで、クレジットカード会社の受付カウンターがあることがあります。
提携している流通系のカードの受付だけでなく、即日発行に対応しているカウンターに直接出向くのがポイントです。
身分を証明できる書類と、必要事項を書き込んだ書類があれば、手続き可能です。
いつも運転免許証を持ち歩いている人なら、カウンターで免許証を出せばいいだけの話ですから、とても簡単です。
初めてクレジットカードを作る場合には、在籍確認がある可能性が高いので、少し時間がかかることがあります。
学生の場合は、親権者と一緒に出向くと手続きがスムーズに進み、クレジットカードの発行が早いことがあります。
より短い時間でクレジットカードをつくってほしい場合は、消費者金融会社でクレジットカードを扱っているところが狙い目です。
いずれの場合も、比較的混みあわない平日の午前中までに申込手続きを行うと、審査や契約までが早いので、クレジットカードの即日発行が可能となる確率が高くなります。

クレジットカード発行までの期日について

手続きをしてから2〜3週間待たねば、クレジットカードは受け取れません。
カードローンやキャッシングであれば、自動契約機や窓口などで即日発行が可能ですが、クレジットカードは1週間以内なら相当に早いと言えるでしょう。
クレジットカードの発行まで3日が最短という金融会社でも、1週間くらいは待つことになります。
最短での3日とは、誰でも3日でカードが発行されるということではありません。
キャッシングや、ローンは早さがアピールポイントになっていますが、クレジットカードはそうではありません。
即日発行と掲げられたクレジットカードのカウンターなら、いち早くカードを得ることが可能になるでしょうが、多くのクレジットカードは数週間を要します。
クレジットカード会社によっては、審査が難しい人に対しては、1カ月くらいかけて必要な手続きをすることがあります。
クレジットカードの所有枚数が多くなるほど、申込み時の審査に時間がかかる傾向があります。
キャッシングの他者借入件数ほど条件が狭められてはいませんが、発行済みのクレジットカードが3枚以上ある人は、気をつける必要があります。
クレジットカードを2、3枚持っている人は珍しくありませんが、それ以上は増やさないほうがいいかもしれません。
メインのクレジットカードを1枚持ち、ここに普段はポイントをためて、必要に応じて2枚目を使うというくらいがちょうどいいようです。
日頃はクレジットカードを2枚発行してもらい、場合によって新しいクレジットカードに加入するわけです。

未成年者でも発行可能なクレジットカード

成人していないうちに、年会費0円のクレジットカードを使いたいという人がいます。
未成年でクレジットカードを発行してもらうには、18歳になる年の4月2日以降まで待たなければなりません。
未成年者がクレジットカードを持つ場合、働いていても、収入が不安定であれば、親権者の合意が条件です。
クレジットカード会社から、申込みをした人の親権者あてに確認の連絡が入ります。
そのため、クレジットカードの発行は、未成年者が1人で申し込みをするだけでは不十分です。
最近では、クレジットカードはネット通販などでよく登場するものになり、未成年のうちから必要になってきています。
国外に出かける予定が入っている場合は、クレジットカードを持っていたほうが便利です。
大学生のほうがクレジットカードの審査に通りやすかったり、学生向けサービスが充実しているカードもあります。
もしも、大学生の子がクレジットカードの申し込みをしたなら、その親は子を大学に入れることが可能な財力を持つ親なので、審査に有利です。
高校生に対するクレジットカード発行はどの会社も不可で、どうしても必要ならば年会費千円程度で、16歳以上利用可能なデビッドカードがあります。
デビッドカードは銀行口座に直接つながっているカードですので、使いすぎる心配がないという大きなメリットがあるものです。
クレジットカードは、申し込み者に対して色々な条件が付随していますが、クレジットカードを未成年者に発行することは時々あるといいます。